人間関係が悪いから転職したいと感じたときに考えるべきこと

転職 看護師 人間関係

看護師の人間関係

看護師の転職理由の上位に職場の人間関係があります。これは、女性が多い職場ならでは理由と看護師ならではの理由とあるようです。

女性が多い職場の人間関係

女性の多い職業として、保健師・歯科衛生士・保育士・エステの美容部員・看護師などが挙げられます。どの職業も女性が多いことが原因で人間関係が悪いという理由で転職する方が多いようです。

女性が多く働く職場での人間関係は、悪口や妬み、噂などが起こりやすく、女性の井戸端会議程度ならかわいいですが、いじめに発展するケースもあるようです。笑顔がない、顔が険しいといった表情ひとつで女性は、話しかけるのをやめておこうと考えたり、その日の仕事の効率にも影響がでてしまうこともあります。

看護師ならではの人間関係

病院には、学校を卒業したばかりの新人看護師から看護婦長などを務めるベテラン看護師まで年齢層に幅があります。また、専門知識を必要とするため、1つ間違えると責任重大なことにもなりうるため、先輩看護師や上司、医師にきつく指導を受ける施設もあるようです。

またチームプレーが大事になる看護師なので、相性が合わない相手と夜勤になったりすると、その日1日だけで辞めたいという気持ちにもなるようです。

患者さんとの人間関係も上手に付き合わななければいけないことのひとつです。身体に重傷を負っていても口だけは達者の患者さんがいると対応するのは大変です。患者さんの罵声や暴行に精神的な苦痛を感じてしまう看護師もいます。

人間関係を理由に転職する前に考えること

  • どこの職場も女性が多い
  • どこの勤務場所も年齢幅はある
  • どこにでも相性が合わない人はいる

ある程度、勤務場所や業種を変えて転職しても人間関係の悩みはなくなりません。

女性の少ない業種に転職をすれば女性特有の人間関係の悩みは減少するかもしれませんが相性が合わない人というのは、どこにでもいます。

人間関係の悩みは、自分の考え方を変えるか「仕事だから」と割り切れるかどうかにかかっていると思います。

そこで働いていても、スキルアップや成長に繋がらなかったり、給料アップが見込めなかったりと自分にとってメリットがなければ転職するのはいいと思います。

それでも、どうしても転職したいというのであれば、同じ病院内で異動の希望を出してみたり、スキルアップするために自分が今いる会社で何かひとつでも評価してもらえることをしてみてください。